美肌菌 ファンデーションはマスクにつかないか 口コミでわかった真相

美肌菌ファンデーションでマスクにつかないものがあるのは本当か
口コミを調べてわかった真相を暴露してます。

最近はマスク生活が続くのでファンデーション選びに変化が。

美肌菌ファンデが少ない中でビオメディファンデーションが
色移りが少ないのでは、と注目されてます。

ビオメディファンデの口コミを徹底調査。

ビオメディファンデーションの口コミ

<p.まずはマスクに関する口コミを探してみました。

マスクにはつきにくい気がするけど、水にぬれると落ちる。

マスクに関するレビューは以上の1件だけでしたが
つきにくい傾向ですね。

クレンジング不要なので、水分に弱いのかも。

口コミを色々見ていると「色が合わない」という意見が目立ちました。

色が合わないという意見は旧バージョンで1色だけの時のもの。

現在は2色にリニューアルされてます。

リニューアル後の色に関する意見をピックアップ。

私はイエベなのでピンク系は合わないためナチュラルベージュを購入。塗ってみると黄色味が強く合いませんでした。赤みへのカバー力もイマイチ。
ブルーベースですがナチュラルベージュをお試し。やっぱり黄色味のある暗めに仕上がったのでつぎはピンクベージュを購入します。

以上のクチコミでわかったのはナチュラルベージュはイエベに
合う色ということ。

イエローベースにも微妙な個人差があるのでブルーべよりや
中間の場合は黄色っぽい仕上がりになりそう・・・。

イエローベースかブルーベースかわからない、微妙な肌色には
1色でどんな肌色にもマッチするものがおすすめ。

さらにリンクルケアをやってくれるナイアシンアミドを配合してるなら

色選びの迷いがなくなり。スキンケアも同時進行。

それが【リノクルファンデーション】

使った人の口コミでも評判です。

>>>リノクルファンデーションの口コミについての記事はこちら

次はカバー力についての口コミをピックアップ。

カバー力や使い心地についての口コミ

ところどころにある赤みがカバーできてツヤが出るナチュラルな仕上がりにびっくりしました。量が多いと厚塗りになったり崩れやすくなるので少しの量の方が仕上がりが良かったです。
今まで使ってたファンデが合わず皮がむけるようになったので使ってみました。心配してた荒れもなく気になるところも隠れたので良かったです。保湿力がもっとあったら大満足。
荒れてボロボロの状態で使ってもかゆみや刺激はなかったです。
どのファンデを使ってもおこってた毛穴落ちがこちらは大丈夫でした。べたつかず軽い付け心地で程よいツヤが出ます。刺激はなく時間がたっても乾燥せずトーンが明るくなります。
石鹸洗顔で落ちて後のツッパリもなかったので気にいりました。

カバー力や仕上がりについては満足してる人が多かったですが濃いシミやたるみ毛穴にはコンシーラーなどが必要、という意見がありました。

肌に負担を与える成分は極力排除してるので敏感肌やアトピー肌の人がよく使ってることもわかりました。

それでもすべての人にトラブルが起こらないということはないので初めて使う場合は目立たないところでパッチテストをしましょう。

詳しいことを今すぐ見てみる
↓ ↓ ↓

【 BioMedi(ビオメディ)】プロテクティブファンデーション

ビオメディファンデーションはクレンジング不要

ビオメディのプロテクティブファンデーションをメイクオフするときはクレンジングなしでせっけんだけでOK!だから必要な皮脂の落とし過ぎや負担が防げます。

しかも美肌菌を増やしてくれるというのです。

詳しいことを今すぐ見てみる
↓ ↓ ↓

【 BioMedi(ビオメディ)】プロテクティブファンデーション

薄く塗るだけで気になるところがカバ―できるのに仕上がりはナチュラル。

ナチュラルで軽いのに水や汗にも強くてもちが良い。プロテクション機能付きでPM2.5も怖くない。

中国からやってくる怖いPM2.5や春先のやっかいな花粉をブロックするプロテクション機能付きなので外からの刺激や負担から守ってくれます。

プロテクション機能を発揮してくれるのは下の2つの2つのアンチポリューション成分。保湿の働きもします。

・アルテロモナス発酵液
・加水分解ローヤルゼリータンパク

美肌菌を増やすヒト由来乳酸菌を配合

ビオメディの独自成分LG100 がパワーアップ。新たにヒト由来乳酸菌「エンテロコッカスフェカリス(保湿成分)」を新配合。スキンフローラを整えて美肌菌をサポートし乾燥や刺激に負けないうるおい肌に。

スキンフローラとは

皮膚には存在する常在菌のこと。

悪いものもありますがバランスが良ければ悪さをすることはありません。

スキンフローラの中で皮膚をきれいに保つ働きをするのが善玉菌の美肌菌。

美肌菌がちゃんとバランスよく存在していれば理想的。

でも季節の変わり目や生理前などでバランスが悪くなると赤みや肌あれ、乾燥、シワなどの原因に。特にバリア機能が低下してしまうので敏感に反応する肌になってしまうこともあります。

だからスキンフローラのバランスをキープすることが美肌への近道

スキンフローラの美肌菌を増やすサポートをするのが乳酸菌。プロテクティブファンデにはオリゴ糖と乳酸菌でできたLG100を配合。

美肌の為に働くスキンフローラを助けます。

ビオメディ プロテクティブファンデーションの成分

ビオメディ プロテクティブファンデには乾燥対策に働くセラミドNG、ヒアルロン酸Naが入っています。

そのほか加水分解コラーゲン、加水分解エラスチンというハリ成分やコラーゲンをサポートしながら美白に導くにテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体)も配合。

スキンフローラのサポート

さらに美肌菌のサポートをするヒト由来乳酸菌「エンテロコッカスフェカリス(保湿成分)」をプラス。

メイクしながらスキンケアと美肌菌を増やすサポートができます。

スキンフローラのバランスを整えることで美肌をキープすることも期待できますね。

8つのフリーを実現

敏感な肌でも使えるように下の8つの成分は排除しています。

・パラベン
・アルコール
・鉱物油
・石油系界面活性剤、
・合成香料
・合成着色料
・紫外線吸収剤
・サルフェート

上記の成分は配合しておりません。

ビオメディプロアクティブファンデーション全成分
水、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、BG、イソステアリン酸、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエトキシカプリリルシラン、α-グルカンオリゴサッカリド、エンテロコッカスフェカリス、ヨーグルト液(牛乳)、セラミドNG、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、スクワラン、加水分解ローヤルゼリータンパク、アルテロモナス発酵エキス、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、シリカ、水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、含水シリカ、キサンタンガム、アルギニン、フィチン酸、酸化銀、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al

タイトルとURLをコピーしました